Warning: include(consig.php): failed to open stream: No such file or directory in /srv/www/htdocs/syl/index.php on line 1

Warning: include(consig.php): failed to open stream: No such file or directory in /srv/www/htdocs/syl/index.php on line 1

Warning: include(): Failed opening 'consig.php' for inclusion (include_path='.:') in /srv/www/htdocs/syl/index.php on line 1
【デプス】サイドワインダー グレートパフォーマー HGC-76XRF(T)/GP [ ソレノグリフ ] [大型便]-ロッド・竿

【体育館用品 設備・備品 TOEI】[送料別途]抗菌エコカラーノンスリップ合成スポンジマット5cm厚/90×180×5cm(T-2538)




1999年。
より軽く、より高感度なロッドが追及されていたライトリグが主流だった時代に、サイドワインダーは登場した。
超々高弾性ロッドが続々と登場する中、まるで時代に逆行するかのごとく、ド級のパワーを持ったトルクフルなロングロッドは当時、「一体このロッドで何を釣るんだ?」という疑問を投げかけられた。しかし我々の答えは明確だった。

「デカいバスを釣るためのロッドです」と…。

トーナメント全盛期において、デカバスハンティングは一部のコアなアングラーだけのスタイルでしかなかったが、“スラップショット”、“スーパーボーダー”、“アウトクロス”のたった3機種から始まったサイドワインダーシリーズは、そんなコアなデカバスハンターのためだけに生まれたロッドだった。
その特化したスペックは、今でこそ定番化しているヘビースピナーベイトのスローローリングやラバージグ・スイミング、ビッグベイトなどのストロングスタイルに対応できる唯一の存在だったからだ。
それから十数年もの間、コスメにわずかなマイナーチェンジはあったものの基本性能は何ひとつ変わることなく、故に愛し続けられたロッド。

2011年、その永く愛されたブランクに手を加えることなく、手に取るだけで分かるシャープかつ高剛性にブラッシュアップされたニュー・サイドワインダーもまた、グレートパフォーマーというサブネームを背負った2代目サイドワインダーとしての血統をしっかりと受け継いでいる。

【デプス】サイドワインダー グレートパフォーマー HGC-76XRF(T)/GP [ ソレノグリフ ] [大型便]-ロッド・竿

Tweet(ツイート)    

詳しくはコチラ

【デプス】サイドワインダー グレートパフォーマー HGC-76XRF(T)/GP [ ソレノグリフ ] [大型便]-ロッド・竿

moraに戻る

【デプス】サイドワインダー グレートパフォーマー HGC-76XRF(T)/GP [ ソレノグリフ ] [大型便]-ロッド・竿

▲ページの先頭へ戻る